室内に加齢臭が充満するときの対処方法

 

自分ではなかなか気づかないもののなかの一つに、加齢臭があります。
あるとき家族から、また職場の同僚から指摘されてはじめて気づいた人も多いのではないでしょうか。

 

加齢臭の嫌な臭いを持ったまま家に帰ると、知らない間に室内が臭いで充満することがあります。
このような、室内に充満する加齢臭の対処方法はあるのでしょうか。

 

室内に漂う臭いを除去する方法はいろいろとあります。
例えば、消臭スプレーを使う方法もあります。
消臭スプレーそのものは加齢臭にも効果がありますので、室内で使用すれば効果も高まってきます。

 

テレビのCMなどで宣伝しているファブリーズや、その他にも多くの消臭スプレーがありますので使用してみるのもいいと思います。
これら消臭スプレーは、布製品などに吹きかけて使います。

 

消臭スプレーの成分には、消臭や除菌効果があります。しかし洗浄効果は持っていません。
そのため臭いは一時的に抑制できますが、時間が経つとまた臭いがでてくることもあります。
しかしファブリーズなどは嫌な臭いも退治してくりますので、継続して使用することで部屋の臭いもなくなります。

 

その他としては、部屋の臭いの元になっているシーツや枕カバー、またカーテンなどを洗濯する方法もあります。
特に枕カバーやベッドシーツ、カーテンといった布製品には加齢臭が付きやすいのですぐに部屋に充満します。
それゆえこれら布製品を念入りに洗濯することで、臭いが室内に充満するのも防げます。

 

 

 

枕の加齢臭の臭い取り方法のトップページに戻る>>